Spectrum Blog

改良された新型 Miro Cube 2 UV 365

Rosco Miro Cube 2 UV 365は、発売以来エンターテインメント業界で最も人気の高いブラックライトのひとつでしたが、さらに改良されました!
The Black Tank のエンジニアリング担当副社長、マイク・ジョンソンが、Miro Cube 2 UV 365 に施された最新の光学改善について語っています。
・UV出力がほぼ2倍に!10,800m/Wから18,000m/Wに!
・より広い照射範囲を確保するためのビーム角を拡大!
詳細はROSCO SPECTRUM (Blog)をお読みください。

コネチカット・バレエ団が新しいツアー用マーリーフロアにロスコ・デュエット™を選んだ理由

1981年に振付師のブレット・ラファエルとルーク・デ・レイレスによって設立されたコネチカット・バレエ団は、毎年上演される「くるみ割り人形」や夏の無料公演「星空の下のバレエ」で知られています。また、ニューイングランド各地の多くの舞台でも公演を行っているため、どのような会場にも設置できる優れたダンスフロアを必要としていました。ブレットは、長年使用してきた現在のツアー用マーリーフロアで踊った後、春に上演される「不思議の国のアリス」が始まる前に、老朽化したダンスフロアの交換を決意しました。ツアーや会社のダンススタイルのバリエーションの要求に応える高品質のフロアが必要だと考えた彼は、完璧なソリューションとしてRoscoの新製品Duètteフロアに注目しました。
詳細はROSCO SPECTRUM (Blog)をお読みください。

Henna Skyの日の出 – デザイナーカラーストーリー

R325 Henna SkyはRoscoカラーで、アリゾナ砂漠の土のような赤や、乾燥した夏の焼け付くような日の出や複雑な日没を表現します。この色は、ドラマチックで効果的であるため、照明デザイナーに愛用されているトーストレッドアンバーです。
この色は劇場のデザイナーの間で非常に人気がありますが、#R325 はもともと映画のセットで考案されました。

R325 Henna SkyのカラーストーリーをROSCO SPECTRUM (Blog)で紹介します。

ロスコの新しいアフリカンマッドクロスブレイクアップゴボデザインの起源

Sherrice MojganiはワシントンDCを拠点とする劇場照明デザイナーで、ゴボを使用してストーリーテリングのためのビジュアルランゲージをデザインに取り入れています。
ここ数年、Sherriceはデザインに使用するアフリカ風のゴボパターンを探していました。その結果、彼女は自分の手で、彼女のニーズに合ったカスタムゴボを作成することにしました!
「挫折するのではなく、創造性を発揮する」彼女のプロセスをROSCO SPECTRUM (Blog)で紹介します。